2021年5月29日〜サイトリニューアル中!

プログラミング教育は、なぜ必要?必修化された背景を解説

小学校プログラミング教育が必修化された背景について

2020年にはじまったプログラミング教育。

私たち親世代のときにはなかった授業で、内容や目的がよくわからないという方もいるのではないでしょうか?

なんでいま、プログラミング教育が必要なの?

と疑問に思う人もいるでしょう。

現代は技術の進化で、世界的にものすごいスピードで、あらゆるものが変化していっています。

「第4次産業革命」「Society5.0」とも呼ばれており、子どもたちの未来にはプログラミング技術を作る・使いこなすことが必須の時代とも言えるでしょう。

本記事では、上記の内容とともに「プログラミング教育がなぜいま必要なのか?」や、プログラミング教育が必修化された背景を解説します!

目次

プログラミング教育とは?

そもそも「プログラミング教育」とはなんなの?

と疑問に思う人もいるかもしれませんね。

私にも小学3年生の娘がいますが、時間割に「プログラミング」の文字はありません。

というのも「プログラミング教育」といっても、新たに教科として学ぶわけではないからです。

ざっくりと「プログラミング教育」について解説すると

  • 普段の教科(国語、算数、理科、社会、英語)の中で取り入れられ、教科の学びを深めたり、プログラミング的思考を育てるために学ぶ
  • 難しいプログラミングのコードを学ぶわけではない

このようになっていて「プログラミング教育」と言っても、皆さんが想像するような「プログラマー」や「エンジニア」を、学校で育てるわけではありません。

もう少し詳しく「プログラミング教育」の内容を知りたい方は↓の記事を見てみてくださいね。

https://pitagora-kids.com/programminghissyuka-matome/

しかし、プログラミング教育で学ぶメリットはたくさんありますし、必要だからこそ、2020年のいま導入されることになったのです。

プログラミング教育で学ぶメリット
  • プログラミング的思考(=論理的思考)が身につく
  • 問題解決能力が身につく
  • 想像力・創造力が育つ
  • 成功体験となり、自己肯定感が育つ
  • コミュニケーション能力が身につく

など、この他にもたくさんあります!

→詳しくは「プログラミング教育で何が育つ?9つのメリットをご紹介」で解説しています。

あんさや

ここからは、プログラミング教育がなぜ必要なのかを解説します!

プログラミング教育は、なぜ必要なの?

マウスを使ってパソコンを動かす子ども

急に「プログラミング教育が必要!」と言われても、なぜ必要なのかピンときませんよね。

時代は変わり、私たちが子どもだった約20年前と大きく状況は変わりました。

現在の私たちの生活を考えてみるとわかりますが、

  • 常にスマホを持ち歩き
  • わからないことがあればネットやSNSで検索
  • LINEやメッセージで常に連絡を取り合う
  • ひまなときはYoutubeや映画、電子書籍
  • 家ではグーグルホームなどのスマートスピーカー

これらはすべて、AIやICT技術の進化によるものと言えます。

IT・ICT技術進化した機器の例

子どもたちにとってはあたりまえのスマホや、便利をもたらしてくれる電子機器達。

それらを思いのままに動かすことができるのは、魔法ではなく全てプログラミングの技術あってこそなのです。

あんさや

プログラミング教育で、楽しく使用する側から、作りだす側の人材となり、更に便利な何かを作り出すことも期待できるかもしれません。

ここからは、プログラミング教育が必要な理由や、その背景について解説していきます!

第4次産業革命・Society5.0の到来

「第4次産業革命」「Society5.0」の言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

AIIoT(モノのインターネット)、ビックデータなど、テクノロジーの技術革新がめざましく、これらの変化によって私たちの生活は大きく変化し、また今後も更なるスピードで時代が変化していくと考えられています。

IoT(Internet of Things:モノのインターネット)

あらゆる「モノ」をインターネットにつなげる技術を呼びます。

例えば以前であれば、自宅内でインターネットに繋がっているものといえば「パソコンのみ」でした。

しかし現在ではスマホをはじめとして、ゲーム機器や家電、自動車に至るまで、まさにあらゆる「モノ」がインターネットに繋がっていますよね。

あんさや

スマートスピーカーだけで家の中の家電が動かせるから、とっても便利です!

その他にも工場農業健康管理まで、IoTの技術は様々な方面で活躍しています。

ビックデータ

IoTで得られたデータを集約したものが「ビックデータ」です

名前の通り大量な情報を、AIによって分析して、日々の生活に役立てられているのです。

車を例にすると…

リアルタイムで車のあらゆる情報を集約

事故や渋滞の原因を分析

事故や渋滞のない、安全で快適な社会の実現!

車に乗る親子

このように、テクノロジーによって、世界は大きく変化をしています。

少子高齢化が進む日本では、テクノロジーによって様々な問題を解決していくことが必要です。

内閣府による「「Society5.0」に向けた行動変化」内には、以下のように書かれています。

人手不足や少子高齢化が進む中で、技術革新を生産性の向上や働き方の見直しにつなげるためには、技術革新を担う高度人材の育成に加え、IT等新技術に対応できる人材、機械に代替されにくいスキルを身に着けた人材を育成することが重要である

内閣府「Society5.0」に向けた行動変化 おわりに より

小学校のプログラミング教育が必修化されたのは、あくまで「プログラミング的思考」を学んだり、コンピュータが「魔法」で動いているわけではないことを知ること、教科の学びを深めるためです。

プログラミング教育の目的の説明

しかし、未来を生きる子どもたちの世界は、私たちが考える世界とは全く別物になっているでしょう。

いまある仕事はなくなり、新しい仕事もたくさん登場するとも言われています。(詳しくは後述します)

あんさや

将来的には、技術を使いこなし、新たな価値を作り出せるような人材となることが必要だということですね。

プログラミングができる人材が少ない

上で「第4次産業革命」「Society5.0」について解説しましたが、その全てにはプログラミングが必要となります。

また、私たちの身の回りの電化製品のほとんどすべてがプログラミングされています。

プログラマーが作るコンピュータの例

2020年の現在でも既に「プログラマー不足」が問題となっていますが、2030年には78.7万人ものIT人材が不足するというデータも発表されています。(経済産業省「―IT人材需給に関する調査―調査報告書」より)

小学校でのプログラミング教育が必修化された目的は、プログラマー育成ではないとされています。

しかし、中学校・高校とプログラミング教育を重ねていくことで、将来的にIT人材として活躍することも期待されているのです。

どんな生活・仕事にも必要

いまや私たちの生活や仕事に、ネットやコンピュータは欠かせません。

  • 連絡(メールやLINE、zoomなど)
  • わからないことを調べる
  • データや顧客情報の入力
  • データからの未来予測やシミュレーション
  • プレゼンテーション

より便利に生活を送るためにも、仕事で成果を出すためにも、技術を使いこなすことは必須の時代です。

新学習指導要領」でも、プログラミング教育は言語能力と同様に「学習の基盤となる資質・能力」と位置づけられ、子どもたちにとって必須の知識であることがわかります。

そのため、

  • プログラミング思考
  • 情報活用能力(情報の正誤を見分ける力や、伝達方法
  • 情報モラル
  • コンピュータの操作技能

などが必要になり、プログラミング教育が導入されたのです。

あんさや

「読み・書き・そろばん」から「読み・書き・プログラミング」の時代へ移行している、といえるかもしれません。

子どもたちには、想像もできないような未来が待っている

昔からは考えられないほど、テクノロジーが発達した現代。

今後さらにその流れは加速すると言われていますし、肌感覚でも体感できますよね。

ニューヨーク市立大学 教授キャシー・デビッドソン氏

「2011年度にアメリカの小学校に入学した子どもたちの65%は、大学卒業時に今は存在していない職業に就くだろう」

オックスフォード大学 准教授マイケル・A・オズボーン氏

「今後10〜20年程度で、半数近くの仕事が自動化されるだろう」

アメリカ人発明家 レイ・カーツワイル氏

「2045年にはAI(人工知能)が人間の脳を超える『シンギュラリティ』に到達する」

こんなことを聞くとちょっとびっくりしますが、いまの時代の流れから考えると納得です。

こんな時代に対応するためには、子どもたちが将来自分で考え、価値を作り出す力が必須となります。

あんさや

子どもたちが、どんな未来にも前向きに対処できるよう、小学校でプログラミング教育が必修化されたのですね。

プログラミング教育で得られるメリットは大きい

パソコンで学習する子ども

20年ほど前の、私たちが子どもだった頃からは、想像のつかないような現代となりました。

現在はコロナ禍で小学校が休校となるなど、子どもたちの将来が心配になることも多いですよね。

しかし、そんな時代だからこそ、世界と自分をつなげる。そして世界に挑戦ができるプログラミングが必須とも言えるかもしれません。

プログラミング教育は現代の背景を考えると、子どもたちにとってメリットの大きい学習です。

→詳しくは「プログラミング教育で何が育つ?9つのメリットをご紹介」で解説しています。

あんさや

より良い未来を作り出せるよう、子どもたちのサポートを行っていきたいですね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる