2021年5月29日〜サイトリニューアル中!

STEAM教育とは?STEM教育との違いや内容、メリットなどを紹介

STEAM教育についての内容が書かれていることを明示するアイキャッチ

小学校でプログラミング教育が必修化されたことに伴って、「STEAM教育」という言葉も聞く機会が増えました。

初めて聞いた…いったいどういう教育なの?
聞いたことはあるけど、実際にはどんな内容のことをいうの?

と疑問に思う人もいるのではないでしょうか?

「STEAM教育」とは、科学・技術・工学・芸術・教養・数学の5つを重視した教育方法です。

第4次産業革命society5.0の到来といわれているように、テクノロジーやAIの進化によって私達の生活はどんどん変化していっています。

それに合わせて社会に必要とされるスキルも、当然変わっていくでしょう。

そのために、

  • 課題を見つけて、解決できる力
  • クリエイティブに新しいモノやサービスを生み出す力
  • 時代の変化に対応していく力

など、STEAM教育で育まれる力が重要となるのです。

世界各国では、STEAM人材育成のために、STEAM教育は取り入れられており、日本の小学校でも広がっていっています。

あんさや

2020年から小学校ではじまったプログラミング教育も、STEAM教育の一部です。

そこで本記事では、STEAM教育の詳しい説明や、取り入れるメリット、STEAM教育の具体的な内容などを解説します。

目次

STEAM教育とは?STEMとはなにが違う?

STEAM教育のイメージ画像

記事の冒頭部分でも簡単に説明しましたが、まずは「STEAM教育」の意味や「STEM教育」の違いについてを抑えましょう!

「STEAM」は5つの単語の頭文字

STEAM教育」と聞いても、実際になにを指すのかわかりにくいですよね。

STEAM教育の「STEAM」とは、5つの英単語の頭文字を合わせたもので、「STEM教育」との違いはA(Art・LiberalArts:芸術・教養)の有無です。

「STEAM」とは

S(Science):科学
T(Technology):技術
E(Engineering):工学
A(Art):芸術(LiberalArtsの教養という意味も含む)
M(Mathematics):数学

「STEAM教育」は、文科省の資料によると「各教科での学習を実社会での課題解決に生かしていくための教科横断的な教育」と書かれています。

あんさや

「STEM教育」にAの芸術・教養を含めることで、更に広い視野で社会の課題を捉えられるようになり、創造的新しい解決方法も見いだせるようになる、ということですね。

私たちの身の回りには、コンピュータやスマホ、スマートスピーカーなど、ICTやAIの技術があふれており、それにはSTEAMの分野が深く関わってきています。

IT・ICT技術進化した機器の例

そして第4次産業革命やSociety5.0と言われているように、今後さらに技術は発展していくと考えられています。

これらのことから、

  • 社会の問題を解決し、みんながより良く豊かに暮らせる未来を考える
  • クリエイティブに新しいモノやサービスを生み出す
  • 時代の変化に柔軟に対応できる

これらのことがSTEAM教育を受けたSTEAM人材に求められていると考えられます。

世界でも注目されている教育

STEAM教育は、世界的に注目されている教育です。

2011年、当時アメリカのオバマ大統領が演説でSTEM教育の重要性や展望などを語り、STEM教育が大きく広がりました。

第4次産業革命や、Society5.0の到来と言われているように、STEAMの知識・技術が複雑に絡み合うことで、私たちの生活は日々便利になっています。

プログラマーが作るコンピュータの例

しかし世界的にそれらを作り出せるプログラマーやエンジニアが圧倒的に足りない状況です。

あんさや

2030年には78.7万人ものIT人材が不足するというデータも…。(経済産業省「―IT人材受需給に関する調査―調査報告書」より)

どの国でも新たな価値やサービスを生み出せる人材を育てるため、STEAM教育が注目されているのです。

STEAM教育にはどんなものがある?

積み木で遊ぶ子どもの手

STEAM教育と言っても、実際にどんな教育なのかわかりにくいですよね。

STEAMは上でご紹介したような科学・技術・工学・芸術(教養)・数学の5つの分野を重視する教育方法です。

A(芸術・教養)が新たに加わったことで、更に広い分野の知識で、みんなが使いやすいデザインや、世界が豊かになるようなテクノロジーを生み出せる人材になることも求められています。

あんさや

このように広い意味でSTEAM教育を捉えて、学習に取り組んでいくことが大切であると考えられています。

プログラミング教育もSTEAM教育の一環

2020年に小学校で始まったプログラミング教育もSTEAM教育の一環です。

プログラミング教育で、コンピュータを理解したり、プログラミングの学習をしたりするのは、テクノロジーを生み出すことにも、使いこなすことにも役立ちます。

プログラミング教育はプログラマーの育成が目的とはされていませんが「コンピュータの働きを、よりよい人生や社会づくりに生かそうとする態度を涵養すること」がプログラミング教育で育む資質・能力の一つであるとされています。(「小学校プログラミング教育の手引(第三版)」より)

第4次産業革命やSociety5.0など、コンピュータやプログラミングによる変化が激しい現代、プログラミングの技術を学んで前向きに生かしていくことは、STEAM教育に中でも重要であると言えるでしょう。

またプログラミングの学習によって、

  • プログラミング的思考
  • 問題解決能力
  • 新しくモノやサービスを生み出す力
  • 想像力・創造力

など、どんな時代にも対応できる能力を身につけることもできます。

あんさや

ちなみにプログラミング教育は、他国では「コンピュータサイエンス」とも呼ばれています。

プログラミング教育について、詳しく知りたい方はコチラを見てみてくださいね。

小学校のプログラミング教育必修化!背景や目的を、親目線で詳しく解説します

プログラミング教育で何が育つ?9つのメリットをご紹介

トランプやブロックもおすすめ

子どもと一緒に遊ぶトランプやブロック遊びもSTEAM教育のひとつです。

例えばトランプであれば数遊びなどで数理能力が。ブロック遊びでは想像力や空間認知能力を育むことができます。

アイデアを形にする遊びは、子どもがワクワクしながら取り組むことができ、自然と想像力や創造力も育まれます。

あんさや

我が家の息子もレゴ(デュプロ)と輪ゴムを組み合わせて、スライド機能がついた鉄砲を作ったり、想像力を豊かに働かせています。笑

意欲を持って取り組むことで前向きな発想で問題解決ができるようになるので、子どものワクワクは大切にしていきたいですね。

おもちゃもたくさんある

STEAM教育のおもちゃの例

世界的にSTEAM教育が盛り上がっており、それに合わせておもちゃもたくさん発売されています。

皆さんご存知のAmazon「STEAM Toys〜理系脳を育むおもちゃ〜」というカテゴリーや、トイザらスのオンラインショップでもたくさんのおもちゃが並んでいるので、こちらを参考にしてみてください。

子どもはもちろん、大人の興味を引くおもちゃがたくさんありました。笑

STEAM教育のメリット

これまでも少し触れてきましたが、STEAM教育をするメリットについて改めてご紹介していきます。

AI時代にも必要とされる人材になれる

テクノロジーが発展し、現在はAIによって様々なことが便利に行えるような時代になりました。

時代の変化が加速し、それに伴って、社会で必要とされる人材もどんどん変化していくことが予想されています。

そのために、コンピュータやAIが苦手な分野で活躍できる人材になることが求められています。

例えば、コンピュータは命令された内容を正確にこなすのは得意ですが、新しいなにかを生み出したり、人間の感情を理解してより使い勝手が良くなるように改善していったり…ということは苦手な分野です。

あんさや

そのため想像力を活用して、問題解決できるSTEAM人材が、現代で多く求められているのです。

プログラミングに必要な考え方

詳しくはコチラ→小学校で必修になったプログラミング教育の「プログラミング」とはなに?親目線で解説します

また将来について、以下のような予想もされています。

ニューヨーク市立大学 教授キャシー・デビッドソン氏

「2011年度にアメリカの小学校に入学した子どもたちの65%は、大学卒業時に今は存在していない職業に就くだろう」

オックスフォード大学 准教授マイケル・A・オズボーン氏

「今後10〜20年程度で、半数近くの仕事が自動化されるだろう」

親世代の私たちが子どもの頃、スマホやたくさんの便利なサービスなどは想像もつかないものでした。

それと同じように今の子どもたちの将来も、いまとは全く違うものになっているでしょう。

あんさや

だからこそ、どんな時代にも前向きに取り組めるSTEAM教育が注目されているのですね。

年収も高くなる傾向

STEAM教育のメリットは、将来的に子どもの収入にも現れます。

日本STEM教育学会新井健一氏による「これまでのSTEM教育と今後の展望」によると

”2015年のSTEM関連の従事者の収入は、非STEM関連の従事者の収入より29%高い。”

”STEM関連の学位所有者は、STEM関連の職業についているいないにかかわらず、高い収入を得ている。”

日本STEM教育学会「これまでのSTEM教育と今後の展望」より一部抜粋

と記述されています。

あんさや

もちろんお金がすべてではありませんが、子どもの将来の幸せを考えたときに、金銭的に豊かであるに越したことはありませんよね。

STEAM教育はスクールでも学べる

オンライン学習で個別指導を説明する女性と、内容が理解できた子ども

STEAM教育は上でもご紹介したように、遊びを通しても学べますが、スクールを利用することで効率よく学習できます。

特にプログラミングはスクールで学ぶと、わからない部分のサポートも受けられるためおすすめです。

またスクールにはそれぞれ特徴があり、子どもの性格や、やりたいことと相性の良いスクールを見つけることが大切です。

オンラインで学べるプログラミングスクールは、こちらの記事でまとめているので、検討している方は参考にしてみてくださいね。

https://pitagora-kids.com/programmingschool-matome/

STEAM教育で、子どもの可能性を広げよう

STEAM教育の分野を見ると「理数系」と難しく考えてしまいますが、全てが混ざり合って便利なテクノロジーが生み出されています。

  • AIを利用するだけでなく、作り出せる人材になってほしい
  • クリエイティブに生きていく力を身に着けてほしい

と思う親御さんに、おすすめの教育法です。

あんさや

ちなみに我が家の小学3年生の娘は、オンラインで学べる「テックキッズオンラインコーチング」でプログラミングを学んで、STEAM教育を実践しています。

体験記として経過を残しているので、よかったらそちらも見てみてくださいね。

プログラミング学習ツール「Scratch(スクラッチ)」!始め方とメリットを解説(娘の習いはじめの頃のScratch作品を公開しています)

【プログラミング体験記】テックキッズオンラインコーチング体験談|小3・学習1ヶ月の成果報告(娘の1ヶ月プログラミングを習った感想、Scratch作品等を紹介しています)

プログラミング学習ツール「Viscuit(ビスケット)」の使い方|小3作品とメリット・デメリットを紹介(娘がViscuitを体験したときの作品を紹介しています。)

お子さんがワクワクしながら取り組めるSTEAM教育を、ぜひ取り入れて見てはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる