2021年5月29日〜サイトリニューアル中!

プログラミング学習ツール「Scratch(スクラッチ)」!始め方とメリットを解説

Scratch(スクラッチ)に関する内容であることを示すアイキャッチ

小学校のプログラミング教育が必修となり、メジャーなプログラミング学習ツール「Scratch(スクラッチ)」が気になっている人も多いのではないでしょうか?

はじめようかなと思っていても、私達親も日々仕事や家事に追われていて、なかなか一緒に取り組める時間も少ないですよね。

また、未知の「プログラミング」の分野や、新しい「Scratch」という言葉に

よくわからないから、めんどうくさい…。

ともなってしまう人もいるかもしれません。

しかしScratchは、誰でも簡単に。かつ無料で使用できるプログラミングの学習ツールなので、とってもおすすめなのです!

本記事ではScratchの始め方(ユーザー登録方法)を写真付きで解説するほか、実際の小学3年生の娘の作品を公開し、Scratchのメリット7つをご紹介します。

あんさや

超簡単に登録できます!今回は写真と一緒に詳しく手順をご紹介します。

目次

Scratch(スクラッチ)とは?

scratch(スクラッチ)画面の例

「Scratch(スクラッチ)」は、指示の書かれたブロックを組合せてプログラミングをすることで、オリジナルのゲームや動画が作れる、プログラミングの学習ツールです。

カラフルで直感的に動かせるブロックなど、子どもも苦手意識を持たずプログラミングをすることができるよう、様々な工夫がされています。

Scratch公式ページ」へ。

ブロックを並べるだけ!プログラミングの学習ツール

Scratchは指示の書いたブロックをパズルのように組み合わせる、プログラミングツールです。

パソコン(タブレットでも可)とインターネット環境さえあれば、誰でも無料で使用でき、世界中の子どもたちのプログラミング学習教材として利用されています。

作品の完成形を思い浮かべて、一つ一つ指示の書かれたブロックを並べていくことで、指示・順番さえ間違わなければ簡単にプログラミングが完成します。

おねーちゃん

本当にそんなに簡単に完成するの?

と疑問に思う人もいますよね。

プログラミングといえば、プログラマーやエンジニアのような、プログラミング言語を使うことを想像する人も多いかもしれません。

プログラマーが作るコンピュータの例

しかしそれだと子どもには難しすぎて嫌になることは明白ですし、プログラミングを学ぶ敷居も高くなってしまいます。

そのため、視覚的にわかりやすく、マウスの操作だけでほとんど完成させられる「Scratch」が、子どものプログラミング学習ツールとしておすすめなのです。

「Scratch」のように、視覚的にわかりやすく、操作方法も簡単にしたものを「ビジュアルプログラミング」「ビジュアル言語」と呼びます。

対して、プログラマーやエンジニアが英語や数字など、プログラミング言語を用いるものを「テキスト型」「テキスト言語」と呼びます。

「そもそもプログラミングってなに?」という方は、コチラの記事も読んでみてくださいね。
→「小学校で必修になってプログラミング教育の「プログラミング」とはなに?親目線で解説します

オリジナルのゲームや動画が作れる

Scratchでは、背景やスプライトと呼ばれるキャラクターにプログラミングして、ゲームや動画を作ります。

プログラミングに使うブロックは、使用する目的別に種類が分かれているほか、一つ一つに指示が書かれており、正しく組み合わせると、オリジナルの作品を生み出すことができます。

背景もスプライト(キャラクター)も、自分で手書き(ペイント)したものが使用できるため、想像力を発揮して新たな世界観を創り出すことも可能です。

あんさや

子どもの想像力・創造力も無限に広がりますね。

作品の公開や、コメント機能もある

Scratchには作品を一般公開・コメントする機能が備わっています。

作品だけでなくプログラミングも見ることができるため、勉強にも最適です。

また、プログラミングに初めて挑戦する子どもにとっても

おとーと

こんなのが作れるなんてすごい!

と、プログラミングへの感動や意欲に繋げることもできます。

Scratchを作っている人同士で作品を見せあい、意見を交換することで新しいひらめきも生まれるかもしれません。

あんさや

他人に作品を公開することを目標にすると「かっこいいのを作りたい!」と、複雑なものへのチャレンジ心やモチベーションアップにも繋がります。

アメリカのMITが開発!世界中で使用されているプログラミングツール

Scratchはプログラミングの本場アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)で開発されました。

  • ブロックのカラフルな色分け
  • 豊富なキャラクター(スプライト)や背景

など、子どもが楽しめる要素をふんだんに取り込みつつも、プログラミングの基本をしっかりと学べるようになっています。

実際に日本の教育現場でも使われており、文部科学省などが手掛ける小学校プログラミング教育のためのサイト「未来の学びコンソーシアム」内でも、紹介されています。→「Scratch」紹介ページ

ちなみにScratchで学べるプログラミングの基本は、以下のようなものです。

  • 分解・抽象化・一般化・組み立ての考え方
  • 順次処理
  • 分岐処理
  • バグへの対処法
  • 変数
  • 座標

など

あんさや

簡単に楽しく、かつしっかりとプログラミング学習ができるよう工夫されているため、世界中の子どもたちに使用されているのですね。

小3娘がScratch(スクラッチ)で作ったものをご紹介

さて「ここまで簡単に楽しくできる!」と解説してきましたが、自信満々に言える理由は、実際に小学3年生の娘が楽しく作品を作っているからなのです!

娘が作った作品はこちら↓

オリジナルの背景で、まだなれないパソコンながらも楽しく取り組んでいました。

ちなみにこちらの作品は、オンラインプログラミングスクールの無料体験で教わった内容に、アレンジを加えたものです。

あんさや

現在はオンラインスクールで学んびはじめたので、いま作ると更に楽しいものが作ることができるでしょう!

Scratch(スクラッチ)の始め方→結論:超簡単です

すばらしいプログラミング教材のScratch。

ユーザー登録をしなくても使用できるので、まずはお試ししてみたいという場合には、「作る」ボタンで作ってみてくださいね。

スクラッチの始め方1

しかし!Scratchで子どもが更に楽しくプログラミング学習をするためには、ユーザー登録することがおすすめです。

ユーザー登録のメリット
  • 自分で作った作品を保存しておくことができる
  • 作った作品を公開できる

  • 子どもが自分の成長の確認できる
  • プログラミングへのモチベーションを高められる

 

Scratchユーザー登録の方法

ここからはScratchの写真とともにユーザー登録の手順を解説します。

上述したように、簡単に登録できるほか、作った作品も簡単に保存できるようになるので、おすすめです。

Scratch公式ページ」で登録してみましょう!

  1. 「Scratchに参加しよう」を押す
  2. ユーザー名を入力する

    スクラッチの始め方2

  3. 住んでいる場所を選択(私は「Japan」を選択)

    スクラッチの始め方3
  4. 生まれた年・月を選択

    スクラッチの始め方4
  5. 性別を選択

    スクラッチの始め方5
  6. メールアドレスを入力

    スクラッチの始め方6
  7. Scratchへようこそ!

    スクラッチの始め方7
  8. メールを認証して、登録完了!(先程入力したアドレスにメールが送られてくるので、それをクリックして終了です。)

 Scratchで遊んでみる

では実際にScratchで遊んでみましょう!

サインイン後、画面右上にある「作る」ボタンから、プログラミングを作ります。

押すと↓の画面となります。

Scratch(スクラッチ)プログラミング画面

長くなってしまうので、作り方はまた今度解説しますが、まずはブロック画面にある「イベント」内の「🚩を押す」から開始するようにします。

そのあとのは、色々といじってみるとおもしろいですよ!

Scratch(スクラッチ)の7つのメリット

Scratchはアメリカの超一流大学MITで作られていることもあり、プログラミングを学びたい人にとって、最適なツールです。

ここからはScratchでプログラミング学習を行うメリットを7つご紹介します。

無料でプログラミングの基本が学べる

Scratchは優れたプログラミングの学習ツールですが、全て無料で利用できます。

ブロックを組み合わせることで、背景を変えたり、キャラクターを動かしたりすることができ、上でご紹介したようなプログラミングの基本となる考え方を学べます。

後ほど説明しますがScratchにはチュートリアルも豊富に準備されています。

あんさや

たくさんのブロックやキャラクターが自在に使えて、チュートリアルも豊富なのに無料はすごい!

直感的に動かすことができる

上でも紹介したように、Scratchはビジュアルプログラミングです。

直感的にブロックをマウスで操作し、必要な組合せをすることで、プログラミングが完成します。

もちろんブロックの組み合わせは順序などを考える必要がありますが、プログラマーが使うような英語や数字は使用しません。

あんさや

難しい言語を必要としないため、抵抗感や苦手意識を持つことなく、プログラミングに取り組めるようになっているのです。

プログラミング的思考が身につく

Scratchはプログラミング的思考を身につけることにも役立ちます。

「プログラミング的思考ってなに?」という方は、コチラの記事がおすすめ
→「「プログラミング的思考」とはなに?論理的思考との違いや意味・メリットを解説

プログラミング的思考の獲得は、2020年にはじまった小学校のプログラミング教育の大きなねらいにもなっています。

プログラミング教育の目的の説明

Scratchはブロックを並べてプログラミングをします。

難しいプログラミング言語を使用するわけではありませんが、以下のような考え方やプロセスは共通します。

  • 正確な指示内容・順番でなければ動かない
  • うまく動かなかったときには、なにが間違えているのかを考える

Scratchで好きなゲームや動画を作るうちに、上記のような考え方を学び、プロセスを繰り返し経験します。

結果、論理的・効率的にものごとを考えられる「プログラミング的思考」が育つのです。

想像力・創造力が高まる

Scratchでは、背景とキャラクターを組合せて、ゲームや動画を生み出すことができます。

自分だけの世界観やストーリーを作り出すことができるので、想像力・創造力を高められます。

プログラミングをはじめたばかりで、まだ何ができるかわからないお子さんには、他の人の作った作品を見せるのもおすすめです。

おとーと

こんなことができるんだ!じゃあ、こんなのも作れるかな!

と、新しい体験や挑戦へのワクワク感を原動力に、プログラミング学習のチャレンジにもつながるでしょう。

また他の人の作った作品を見たり、ゲームをプレイしたりいう体験を通して、新たな発想やアイデアが生まれることもあるかもしれません。

自己肯定感が高まる

プログラミングは、いちから新たなものを生み出す作業です。

自分で背景やキャラクターを選んで、必要なブロックを並べて、うまくいかないときには並び替えて…と、たくさんの試行錯誤を経て、一つの作品は完成します。

試行錯誤しつつも、自分の思い描いていたことが実現できたとなれば、子どもの中に成功体験として積み上がります。

成功体験が増えることで、子どもは自信を持てたり、自己肯定感を高めたりすることにも繋がるのです。

あんさや

今まで使ったことのないパソコンを動かすことができた!というのも、成功体験の一つになりますね。

チュートリアルも豊富

Scratchでは、いままでプログラミングを触ったことのない子どもに向けた、チュートリアルも豊富です。

Scratchの基本的な操作方法や、簡単なゲームや動画の作り方なども解説されており、その数はなんと25種類

すべて日本語で聞く・見ることができており、とってもわかりやすい内容になっています。

つまずいたときにはYouTubeや本で学べる

おねーちゃん

どのブロックが必要なのか、よくわからない!

おねーちゃん

なんで思ったように動かないの!?

実際にはじめてみると、必要なブロックや、ブロックの使い方、並べ方がよくわからず、困ってしまうこともあるでしょう。

しかし、Scratchは全世界で使われており、日本でもYouTubeでたくさんの動画で解説されているほか、本もさまざま出版されています。

あんさや

困ったときに、検索して解決方法を探すのも、プログラミング学習の一つです。

子どもと一緒にScratch(スクラッチ)で遊んでみよう

パソコン画面を見る子どもたち

Scratchは楽しく、かつしっかりとプログラミング学習ができる、無料のツールです。

小学校のプログラミング学習の教材としても利用されているほか、たくさんのプログラミングスクールでも取り入れられています。

あんさや

子どもも、自分だけが作り出せる世界を楽しんでくれるはず!

ぜひ一度「Scratch(スクラッチ)」で、お子さまと一緒に遊んでみてはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる