2021年5月29日〜サイトリニューアル中!

小学生にもタイピングスキルは必要?結論→必要|理由やおすすめ練習用ゲームを紹介

タイピングの必要性に関する内容の記事であることを明示するアイキャッチ

2020年は小学校でプログラミング教育が必修化されましたね。

更に2021年には中学校で、2022年には高校でプログラミング教育が必修化されることが決まっています。

このような流れを受けて、

プログラミング教育をするのなら、タイピングも必要になる?
子どもにどうやってタイピングを教えるべき?
スマホでも十分じゃないの?

と困ったり、疑問に思ったりするご家族も多いのではないでしょうか?

そこで本記事では、タイピングの必要性や学習をはじめる目安、楽しくタイピングを練習できるゲームをご紹介します!

あんさや

我が家の小学3年生の娘は、今年の夏頃から練習を開始して、キーボードを見ないで文字を打てる「タッチタイピング」ができるようになりました。

目次

これからの時代にタイピングスキルはいるの?→結論:必要です

キーボードを押そうとしている人の指

最近はスマホなどで簡単に人と繋がれる時代で、AI(人工知能)などのテクノロジーによってとっても便利な時代となりました。

そのため

スマホでも十分じゃないの?

と思われる方もいるかもしれません。

しかしタイピングスキルは、現在も必要と言えます。

ここから必要な3つの理由を説明していきますね!

ICTの活用技術として必須

現代の私たちの仕事では、必ずといっていいほどパソコンを必要としますよね。

例えば私が以前看護師として働いていたときにも、パソコンは必須でした。

  • 電子カルテへの入力
  • 資料作り

など

一見パソコンとはあまり関係のなさそうな仕事でも、タッチタイピングができなければ、仕事の遅さに直結するのが現代のICT社会です。

もちろん世界的にもAIやテクノロジーはどんどん進化しており、ICT活用スキルは重要さを増しています。

「タイピング」はICTの活用スキルの中でも基礎となる部分です。

あんさや

ICT活用社会では、タイピング技術は必須と言えるでしょう。

中学校で2021年〜。高校で2022年〜プログラミングは必修科目に

小学校では2020年からプログラミング教育が必修化されました。
小学校のプログラミング教育必修化!背景や目的を親目線でわかりやすく紹介します

中学校・高校でも学習指導要領改訂によって、プログラミング教育が必修化されることが決まっています。

  • 中学校は2021年から
  • 高校では2022年から

中学校・高校で取り入れられるプログラミング教育は、小学校の学習を発展させ、実践的な内容へとどんどんレベルアップをしていきます。

高校では「情報Ⅰ」の授業が必修科目として新設されるので、タイピングができなければ評価にも直結するかもしれません。

あんさや

子どもが小学生のうちから取り入れることで、中学校・高校のプログラミング学習の負担を減らすことに繋がります。

大学入試でパソコンによる試験が採用!されるかも…

2021年からセンター試験が「大学入学共通テスト」になったのはニュースでも取り上げられていますよね。

それに加えて、テストをパソコンで行う方式(CBTと呼ばれています)の導入が検討されています。

以前は2024年の導入が目標でしたが、端末の準備や費用が高額などの理由により見送られることになったそうです。

しかしCBT方式で試験をするメリットはたくさんあるので、将来的には採用されるかもしれませんね。

あんさや

実は英検などの試験では、すでにCBT方式の試験が取り入れられています!(「英検2020 1days S-CBT」「英検CBT」など)

タイピングができるメリット3選

タイピングのメリットが記述されている

タイピングは、一度覚えてしまえばずっと使えるスキルです。

できるようになれば、意識をしなくても思ったことをそのまま打ち込むことができます。

思考の整理には「マインドマップ」を使う人も多いでしょう。

考えたままに入力できれば、スムーズに思考がまとめられます。

タイピングができる人とできない人の思考方法の違い

そのほか、以下のようなメリットがあります。

  • 仕事や作業を早く終わらせられる
  • 調べ物が早く済む
あんさや

学生から社会人まで、幅広く役立ちます。

小学生でタイピングは、どのくらいできれば良い?

まずは小学生のタイピング速度の平均を見てみましょう。

2009年の文部科学省の調査によると、小学5年生のタイピング速度はなんと…「1分間平均5.9文字」

また同省の別資料『「教育の情報化に関する手引」検討案』では「情報活用能力の規準リスト」部分に「10分間に200文字程度の文字の入力ができる」と書かれています。

文科省によるタイピングのスピードのリサーチ結果(引用)
あんさや

タイピングの速さを測るのは難しいですが、だいたい1分間に20文字程度の速さが望ましいということですね。

タイピングの練習はいつから取り入れるべき?

タイピングを練習するタイミングは小学3年生くらいがおすすめであることを図解

「練習するって言っても、いつからはじめるべきなの?」と疑問になりますよね。

あんさや

小学3年生の娘はタイピングの練習をはじめて、約1ヶ月弱ほどでキーボードを見なくても打てる「タッチタイピング」もできるようになりました。

小学3年生あたりからはじめるのがおすすめ

タイピングの練習については「◯歳から!」という規準はありません。

上にも書きましたが、我が家の小学3年生の娘は、今年の夏くらいからタイピングの練習をしました。

おねーちゃん

ローマ字も習ったし、私もできそう!

と、意欲的に取り組んでいました。

ちなみに現在の学習指導要領では、小学3年生からローマ字の学習をはじめることになっています。

あんさや

タイピングは基本的にローマ字で行うため、ローマ字の学習後にはじめるほうが、すんなりと取り組めるのでおすすめです。

おねーちゃん

ローマ字もタイピングの練習でばっちり覚えられたよ!

小学生向け!おすすめのタイピング練習ゲーム3(+1)選!

さて、ここからはタイピングの練習時に小学3年生のおねーちゃんが使ったツールやゲームをご紹介します。

どれも楽しみながらタイピング練習ができるので、おすすめですよ〜。

ベネッセ マナビジョン(無料)

ベネッセのマナビジョンのタイピング

子どもの通信教育『チャレンジ』や『進研ゼミ』でも有名な「ベネッセ」のサイト「マナビジョン」内で、タイピングの練習がバッチリできるんです!

もちろん無料ですし、大手ベネッセによるサイトなので安心して使えるのもポイントです。

あんさや

キーボードの位置とともに正確な指使いが表示されるため、タイピングの練習の一番最初に取り入れたいサイトです。

おねーちゃんも、他のタイピングゲームをするまえに、こちらのサイトで正確な指使いを学びました!

ベネッセ マナビジョン:https://manabi-gakushu.benesse.ne.jp/gakushu/typing/nihongonyuryoku.html

POPタイピング(無料)

POPタイピング
タイピング時間 1分
ひらがな(ルビ)対応 あり
料金 無料

正確な指使いを覚えたら、ゲーム要素も堪能できるタイピング練習に移行しましょう。

POPタイピング」は、正確なタイピングをすることによってポップコーンが軽快な音とともに画面上に現れます。

それだけでも楽しいのですが、スコア次第でロックが解除され「キャラメルポップコーン」などのフレーバーを選べるようになるほか、様々な称号を得ることができます。

ゲーム時間は1分で、高得点を出すためには正確かつ素早いタイピングが必須です。

あんさや

新しいフレーバーの獲得と、かっこいい称号獲得のため、熱中して取り組んでしまう子どもも多いでしょう!

私がハマって、1時間以上熱中してやってしまいました…。笑

POPタイピングの結果の例

POPタイピング:http://typingx0.net/pop/

寿司打(無料)

寿司打
タイピング時間 60秒/90秒/120秒(正確に入力できれば、時間が増える)
ひらがな(ルビ)対応 あり
料金 無料

寿司打」もタイピング練習ゲームのひとつで、とっても有名です。

難易度とコースを選ぶことができ、スコア(食べた金額)をあげていくのに思わずハマってしまうゲームになっています。

寿司打 WebGL版:http://typingx0.net/sushida/play.html

(番外編)のりものタイピング【有料(App Store):730円】

のりものタイピング

名前の通り、自動車やヘリコプターなどの「のりもの」が画面に出てきます。

正確にタイピングできるとスピードが早くなるので、乗り物が好きな子どもにおすすめです。

ステージも目的に合わせて様々あり、ホームポジションの練習から、長い文章のことわざなどもあります。

タイピングの評価は3段階で、一度も間違えずにクリアできると3つ星がつきます。

あんさや

我が家は小学3年生のおねーちゃんと「全ステージで3つ星がついたら、マイクラのレゴを購入する」約束をしたら、思いのほかあっという間にクリアしてしまいました。笑(2週間程度)

のりものタイピング
のりものタイピング
開発元:HARASHOW Interactive
無料
posted withアプリーチ

ただし無料のゲームでも、とっても楽しく学べるので、そちらから始めることをおすすめします。

楽しくタイピングを覚えよう

キーボードを打ち込む

タイピングの練習時期や、方法など迷うことも多いですよね。

いまは楽しくゲーム感覚で学習できるサイトも、たくさんあります。

あんさや

子どもが苦手意識を持たないよう「こういうゲームもあるよ〜」みたいな感じで誘ってみるのが良いんじゃないかなと思います。

また、親とスコアで競うことで、子どもも楽しみながら覚えられるはず。

子どもが楽しくタイピングを学べる環境を整えましょう!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる