2021年5月29日〜サイトリニューアル中!

プログラミング学習ツール「Viscuit(ビスケット)」の使い方|小3作品とメリット・デメリットを紹介

プログラミング学習ツールviscuitの内容であることを明示するアイキャッチ

子どもがプログラミングを学ぶ入門教材として「Scratch(スクラッチ)」とともに有名なのが、今回ご紹介する「Viscuit(ビスケット)」です。

どちらも

  • ビジュアルプログラミングで、楽しくプログラミングが学べる
  • 無料
  • 誰でも簡単に利用できる

というメリットがありますが、「Viscuit(ビスケット)」は更に低年齢からでもはじめやすく、プログラミング教育の入門教材にぴったりの教材といえます。

あんさや

文部科学省による「小学校プログラミング教育に関する研修教材」でも取り上げられています!

そこで本記事では「Viscuit(ビスケット)」の特徴から始め方や使い方、メリット・デメリットをご紹介します。

我が子(小学3年生と幼稚園年長)の作品例も紹介するので、参考にしてみてくださいね!

目次

「Viscuit(ビスケット)」とは?

viscuit(ビスケット)の画像

まずは「Viscuit(ビスケット)」を知ることからはじめましょう!

無料で使えるビジュアルプログラミング言語の学習教材

Viscuit(ビスケット)」は、誰でも無料で使える、ビジュアルプログラミング言語の学習教材です。

  • ひらがなが読めなくてもOK
  • やり方を覚えたら、視覚的・直感的にできる
  • 「メガネ」と呼ばれるツールを使う

という特徴があります。

あんさや

ひらがなが読めなくても使ので、低年齢の子どものプログラミング学習に向いています。

Scratch(スクラッチ)との違い

scratch(スクラッチ)画面の例

Scratch(スクラッチ)」も同様の、子ども向けのプログラミング学習ツールとして有名ですが、

  • ひらがな(日本語)と数字の読み書き
  • パソコンへの入力作業

が必要となります。

パソコン入力はそこまで多くありませんが、ひらがなを読めることは必須条件です。

そのため、幼稚園くらいの年齢では扱うことが難しい…といったこともありました。

あんさや

低年齢でまだひらがなが読めない子どもには、Viscuit(ビスケット)のほうが始めやすいです。

ちなみにScratch(スクラッチ)について詳しく知りたい方は、こちらを見てみてくださいね。→プログラミング学習ツール「Scratch(スクラッチ)」!始め方とメリットを解説

Viscuit(ビスケット)のポイント3つ

色鉛筆でアイデアを表現

ここからは、Viscuit(ビスケット)を体験して感じた3つのポイントをご紹介していきます

  • 低年齢からでも始められる(操作方法が簡単)
  • 自分の描いた絵でプログラミングができる
  • プログラミングの結果がすぐにわかる

低年齢からでも始められる(操作方法が簡単)

これまでも何回か書いていますが、Viscuit(ビスケット)は、Scratch(スクラッチ)よりも更に低年齢から扱うことができます

  • 文字を使わない
  • 操作方法が簡単
  • 一度覚えたら、直感的にプログラミングができる

上記のような特徴があるため、小さな子どもでもプログラミング学習ができるのです。

自分の描いた絵でプログラミングができる

viscuitの操作(プログラミング)画面

Viscuit(ビスケット)は「メガネ」というツールを使ってプログラミングをすることで、子どもの描いた絵を、子どもが思ったように動かすことができます。

自分の想像次第で、たくさんのゲームや物語を作りだすことができるので、楽しみながらプログラミングに取り組むことができるのです。

プログラミングの結果がすぐにわかる

Viscuit(ビスケット)は「メガネ」を使ってプログラミングをします。

「メガネ」の内容は、画面上にすぐに反映され、自分が作ったプログラミングの結果を確認することができます。

  • 動きを確認しながらプログラミングを作っていくことができる
  • プログラミングの間違えた箇所を確認・修正しやすい

などのメリットがあります。

あんさや

自ら問題を発見・解決する「問題解決能力」も身につきますね!

Viscuit(ビスケット)の始め方、使い方

ここからは、Viscuit(ビスケット)の始め方と使い方を解説します。

ユーザー登録などをしなくてもプログラミングの作成や保存ができるので、面倒なことがなくプログラミング教育をスタートできますよ。

タブレット・スマホにアプリをダウンロード(PCの場合はブラウザ)

viscuitの最初の画面

タブレット・スマホで遊ぶときには、まずはアプリをダウンロードします。

あんさや

Viscuit(ビスケット)の公式サイトからアプリがダウンロードできるようになっています。

パソコンの場合は、ブラウザから直接できるので「やってみる」をクリックしてください。

「みんなでつくる」「ひとりでつくる」を選ぶ

スマホ・タブレットで作品を作るときには「みんなでつくる」「ひとりでつくる」のどちらかを選びます。

「みんなでつくる」がより初心者向けとなっています。

viscuitの操作(プログラミング)画面
viscuitの操作(プログラミング)画面

画像でおわかりいただけるかと思うのですが、ボタンの数が違いますね。

「みんなでつくる」のほうが比較的簡単ですが、「ひとりでつくる」は、より自由度が高いと言えるので、子どもの想像力を存分に発揮できます。

あんさや

「みんなでつくる」で操作がある程度できるようになったら、「ひとりでつくる」をやってみる…という形がおすすめです。

プログラミングをする

viscuitの操作(プログラミング)画面

Viscuit(ビスケット)でプログラミングをするのは、とても簡単です。

  1. 絵を描く(ペンマークより絵を描く)
  2. 絵にどんな動きをさせるか想像する
  3. 「メガネ」の左レンズに動かす前の絵を入れる。
  4. 「メガネ」の右レンズに動かしたあとのイメージを入れる
  5. プログラミングの結果を確かめる(必要なときは、プログラミングを直す)
  6. 完成!

上記のような流れで、Viscuit(ビスケット)のプログラミングを行います。

あんさや

まずは実際に動かしてみることで、方法や感覚がつかめるはず!

詳しい動かし方は、Viscuit(ビスケット)の公式ホームページ「あそび方動画」から確認できます。

保存する

できあがったら作品を保存します。

右上にある「メールと矢印の書かれているボタン」をタップすると保存できます。

小3と幼稚園年長がViscuit(ビスケット)に挑戦!

ここからは、実際に我が家の子ども達が作ったViscuit(ビスケット)の作品をご紹介します。

小学3年生おねーちゃんの作品

viscuitの作品例(小学3年生作品)
  1. 画面の両端に人が並んでいる
  2. 「かめはめ波」を打つ
  3. 両者の「かめはめ波」がぶつかれば「かめはめ波」は消失
  4. 「かめはめ波」がどちらかにぶつかれば、人が消失

小学3年生のおねーちゃんは、おとーとにせがまれてドラゴンボールの「かめはめ波」を打つゲームを作りました。

おねーちゃんはテックキッズオンラインコーチングで学習していることもあってか、一度作るところを見せると、すんなりと使いこなしていました。

幼稚園年長おとーとの作品

viscuitの作品例(年長作品)
  1. 画面の両端に人がいる
  2. 「かめはめ波」を両者が打つ
  3. 両者の「かめはめ波」がぶつかれば「かめはめ波」は消失
  4. どちらにもぶつからなければ、そのまま

最近ドラゴンボールにハマっているおとーと。

おねーちゃんにドラゴンボールの「かめはめ波」のプログラミングを作ってもらい

おとーと

自分も同じものを作る!

とがんばるも、複雑な動きになるので難しい様子でした…。笑

絵はおとーとが描いて、私が仕上げましたが、自分の描いた絵が動くことに大コーフン!

おとーと

次はこんな動きをさせたい!

作ってからというもの、一人でも作品作りに励んでいる姿を見かけます。

Viscuit(ビスケット)のメリット

ブロックを作る子どもの手

ここまででもメリットとなるような内容は何度も書いていますが、改めてご紹介しますね!

想像力・創造力アップに最適

Viscuit(ビスケット)は、子どもが自分で描いた絵を、思ったとおりに動かすことができます。

あんさや

我が家の子ども達は、自分の描いた絵が動くことに興奮し、制作意欲がわいたようです。

  • 「どんな絵を描こうか」
  • 「どんな動きをさせようか」

子どもたちは終始ワクワクしながら、想像力・創造力を存分に発揮させることができます。

あんさや

「STEAM教育」にもピッタリですね。

プログラミング的思考の入門にもおすすめ

Viscuit(ビスケット)は「メガネ」というツールを使って、左から右のレンズに向かって、絵の動きをプログラミングします。

低年齢からでも簡単に扱うことができますが、プログラミングが間違っていれば、思ったように絵は動いてくれません。

簡単といえど

  • あいまいな指示や間違った指示では動かない
  • 指示された通りにしか動けない

という、コンピュータの特徴を体感できます。

またうまく動かなかった場合に、間違っている箇所を探して訂正するという、プログラミングに不可欠な作業も経験できます。

あんさや

簡単に操作でき、コンピュータやプログラミングの特徴を捉えることができるため、プログラミング的思考の入門におすすめです。

プログラミングやプログラミング教育について興味がある方は、↓の記事を見てみてください。

小学校で必修になったプログラミング教育の「プログラミング」とはなに?親目線で解説します

「プログラミング的思考」とはなに?論理的思考との違いや意味・メリットを解説

何よりも「楽しい」!

Viscuit(ビスケット)は簡単かつ、プログラミングをしっかりと学ぶことができる教材です。

子どもが楽しく取り組めるポイントもいっぱい。

  • 自分の描いた絵が、思ったように動かせる
  • 「メガネ」で操作方法も簡単
  • 他者の作品で遊べる

普段YouTubeや、ゲームで遊ぶばかりの我が家の子どもたち…。

親としては

あんさや

ずっと見るだけじゃなくて、なにか新しいものを作ったりればなぁ…

と正直思ってしまうこともありました。

しかしViscuit(ビスケット)で作品を作っている間は、とても集中して取り組んでいて、クリエイティブな様子が見られました!

子どもたちは、どちらもハマった様子です。

おねーちゃん

野菜や果物をミキサーに入れていく「野菜ジュース」の作品ができた!

おとーと

おかーさん、いっしょにゲームつくろー

まさに、楽しく遊びながらプログラミングの考え方を学ぶことができているようです。

Viscuit(ビスケット)のデメリット

タブレットで学習する男の子

Viscuit(ビスケット)のデメリットについても、触れていきたいと思います。

始め方・操作方法がわかりにくい

公式サイトの動画などを見ると、きちんと理解できるのですが、初めてやる時に「始め方や操作方法がわかりにくい」と感じました。

我が家はiPadでやってみたのですが「みんなであそぶ」と「ひとりであそぶ」、なんのこっちゃ?という感じ…。

初めて遊ぶときには、親がまずはViscuit(ビスケット)のやり方を理解して、子どもに教えながらやるとスムーズかと思います。

あんさや

わかりにくいですが簡単に理解できるので、一度教えたらあとは子どもだけで取り組めます。

保存方法・保存した作品がわかりにくい

上のデメリットとも通じますが、保存方法や保存した作品がわかりにくいことも感じました。

保存した作品は、スマホ・タブレットの場合はいまのところ

  • 作品番号から見る
  • 保存した日付から探す

という方法でしか、確認することができません。(PCのブラウザでは自分の作品が、すぐにわかります)

あんさや

自分の作品を管理できる新アプリは開発中とのことなので、こちらに期待ですね!

Viscuit(ビスケット)はプログラミング学習の入門にぴったり!

Viscuit(ビスケット)は、一度使い方を覚えてしまえば、楽しく遊びながらプログラミングを学ぶことができます。

公式サイトでは、操作方法を動画で見ることができるので、まずはそちらを見てみましょう。

「自分の絵を思ったように動かせる」ことは、普段ゲームやYouTubeを見ている子どもたちにとっても新鮮なようです。

あんさや

Viscuit(ビスケット)でプログラミング学習、とってもおすすめです!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる