2021年5月29日〜サイトリニューアル中!

小学生にプログラミングの習い事は必要?習うメリット・デメリットをご紹介

プログラミングの習い事の必要性を記述した内容であることを示すアイキャッチ

2020年から小学校でプログラミング教育がはじまったほか、GAFAMと呼ばれるアメリカのIT企業が大成功をおさめていたりすることもあり、

子どももプログラミングの習い事をはじめたほうが良いの?

と気になっている人も多いでのはないでしょうか?

結論から言うと、小学校のプログラミング教育のために習い事をする必要はないが、子どもたちの将来には必須のスキルと言えるでしょう。

「読み書きそろばん」から「読み書きプログラミング」と言われるくらい、最近はプログラミング教育が重要視されています。

  • プログラミング教育が始まり、教室に通わせるべきかどうか迷っている人
  • ITの時代、子どもにプログラミングを習わせたほうが良いのか悩んでいる人
  • よくわからなくて不安

他にもプログラミング教育が気になる方は、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

目次

小学生にプログラミングの習い事は必要?

ランドセルから出たタブレット

上でもご紹介したように、たくさんの書籍を読んだ結果「小学校のプログラミング教育のために習い事をする必要はないが、プログラミングは子どもたちの将来には必須のスキル」と考えられます。

ここではその理由について、詳しくご紹介します。

小学校の授業や成績のためなら、必要なし

2020年に入り始まった小学校のプログラミング教育。

2021年には中学校、更に2022年には高校でもプログラミング教育が必修化されることとなっています。

しかし現段階では、小学校の授業の予習・復習や成績のためであれば、習い事までは必要がないと考えられます。

理由としては、以下の通り。

  • 「プログラミング」という教科ができるわけではない
  • プログラミングができるようになることが、小学校のプログラミング教育の目的ではない
あんさや

小学校のプログラミング教育は、普段の授業(国語、算数、理科、社会)の中で取り入れられることになっています。

また文科省による「小学校プログラミング教育の手引(第三版)」で、プログラミング教育のねらいが挙げられていますが、それを見てもプログラミングをできるようにするのが目標ではないのがわかります。

プログラミング教育のねらい
  • 「プログラミング的思考」を育む
  • コンピュータの働きや、情報社会・情報技術について学ぶ
  • 教科の学びを深める
あんさや

そのため現段階においては、小学校のプログラミング授業のためにプログラミングの習い事は必要がなと考えられます。

子どもの将来に、おすすめの習い事!

「小学校のプログラミング教育のため…」には必要ありませんが、子どもの将来を考えたときにはおすすめです。

記事の冒頭でも紹介したように、現在は「GAFAM」など、ITを利用した企業が世界経済をリードしています。

GAFAM」とは?

世界を代表するIT企業のGoogle、Amazon、Facebook、Apple、Microsoftの頭文字をとった呼び名です。

また現代はプログラマーの人数が圧倒的に足りていません。

あんさや

2030年には78.7万人ものIT人材が不足するというデータも…!(経済産業省「―IT人材需給に関する調査―調査報告書」より)

そのため収入も高くなりやすく、将来的に確実に役立つスキルと言えるでしょう。

プログラマーが作るコンピュータの例

またプログラマーにならなかったとしても、ITスキルがあれば、ツールやサービスを使いこなして、仕事を効率的に進めることもできるようになります。

ICTがどんどん進化するであろう将来を考えたときに、プログラミングの習い事はおすすめです。

プログラミングを習うメリットは?

マウスを使ってパソコンで作業する男の子

プログラミングスクールで学習することによって様々なメリットがあるので、これからご紹介しますね。

挫折せずに学習できる

プログラミングは独学でも学習できますが、大人でもスキル習得までにつまずいたり挫折したりします。

同じように子どもが取り組んでも、理解できないことがあれば

おねーちゃん

プログラミングって難しい…!

と苦手意識を持ってしまうかもしれません。

プログラミングの習い事(個別指導)で得られるメリット(つまずかずに学習できる)

しかしプログラミングスクールでは、子どもがつまずかないようにフォローしてもらえるので、苦手意識を持たずに取り組めます。

プログラミングが体系的に学べる

QUREO(キュレオ)

例えば娘が学んでいるオンラインプログラミングスクール「Tech Kids Online Coaching(テックキッズオンラインコーチング)」では、「QUREO(キュレオ)」というプログラミング教材を利用して学習します。

「QUREO(キュレオ)」自体が、ステップアップしながら学習できるようになっているため、基礎から体系的に学べるようになっています。

あんさや

またコーチが理解度を確認し、フォローしてくれるのもポイントです。

その他の個別指導型のスクールも、取り入れる教材や内容はそれぞれで異なりますが、プログラミングをしっかりと学べるのは変わりません。

お子さんのプログラミングスキルを伸ばしたいなら、プログラミングの習い事はおすすめです。

プログラミング的思考が身につく

プログラミング的思考のメリットを簡単に解説している

小学校ではじまったプログラミング教育のねらいの一つでもある「プログラミング的思考」も、身につけることができます。

「プログラミング的思考」とは?

物事を整理して筋道立てて考える「論理的思考」に加え、意図した活動をしなかった場合には、最適な改善方法を考えて実践していく思考法のことを指します。

プログラミング的思考ができるようになれば、大人になってからもメリットを享受できます。

プログラミング的思考のメリット
  • やりたいことを実現させやすくなる
  • わかりやすい説明ができるようになる
  • 臨機応変に対応できる

など(詳しくは「プログラミング的思考」とはなに?論理的思考との違いや意味・メリットを解説を参照してくださいね!)

プログラミングをするときには、明確な指示が必要です。

  • あいまいな内容や間違った内容
  • 必要な命令が足りない
  • 順番がちぐはぐ

このような場合には、プログラミングは思い描いた通りに動いてくれません。

想定した通りに動くよう、最適な改善方法を考えて探していくという過程を繰り返すからこそ、プログラミング的思考が育つのです。

しかし小学校で導入されたプログラミング教育は、教科が新設されるわけではありませんし、時間や内容なども学校や教師に一任されています。

あんさや

取り入れる内容や時間数によっては、プログラミング的思考が育まれない場合もあるでしょう。

プログラミングスクールでは、実際にプログラミングしながら学習していきます。

そのため習い事をしない場合よりも必然的に経験を多く積むことができ、プログラミング的思考を育むことができるのです。

ICTスキルが身につく

ICT教育のメリットを女の子と箇条書きで見やすく書いている

日々テクノロジーは進化し、ICT(情報通信技術)機器やツール、サービスなども、どんどん変化していっています。

しかし上手に活用できるスキルがなければ、パソコンやタブレットなどを持っていても、便利に使いこなすことはできないでしょう。

文科省でも「ICT教育」は重要視されており、そこで得られる「情報活用能力」は言語能力と同様の「学習の基盤となる資質・能力」と位置づけられています。

情報活用能力」とは?

ICT機器を活用して情報を得る、発信するなどの一連の能力を指します。

詳しくはコチラ→【ICT教育とは?】5つのメリット・3つのデメリットを親目線で解説

小学校でのプログラミング教育でも身につくんじゃない?

と思いますが、プログラミング教育は各学校や先生の裁量に任されている部分が多いです。

予算や先生のスキル次第で、子どもが十分にICT教育が受けられないことも懸念されており、実際に教員の「児童・生徒のICT活用を指導する能力」で「わりにできる」「ややできる」と回答したのは66.7%でした。(参考:文科省「ICT活用指導力向上研修実施モデル解説書」)

あんさや

ICTスキルに自信のない教員も多いということですね…。

プログラミングを習うことで、パソコンを扱う時間が増えます。

そうすると自然とタイピングも覚え、わからないことを検索するなどのICTスキルを身につけることができるのです。

あんさや

小学3年生のおねーちゃんも、タイピングがかなり早くなり、知りたい情報があれば検索して情報を得るなど、ICTスキルが向上していることを感じます!

プログラミングを習うデメリットは?

パソコンでイヤフォンをして、作業する男の子

プログラミングの習い事は、メリットがたくさんありますが、中にはデメリットも。

ここからはデメリットについて説明していきます!

パソコン等の利用時間が増える

プログラミングを学習すると、どうしてもパソコンの使用時間が増えます。

子どもたちはゲームやYouTubeが好きですよね。

そこに「パソコンでプログラミング」の時間が加わると、長時間テレビやパソコンのモニターを眺めることになります。

そこで気になるのが、モニター等が発する「ブルーライト」の人体への影響です。

ブルーライトが与える人体への影響
  • 睡眠や視力低下
  • 目の病気
  • 自律神経への影響

など

現段階でははっきりとどの程度影響を及ぼすかわかっていないようですが、親としては心配ですよね。

そんなときには、以下のような対策を講じましょう!

  • パソコンの使用時間が長時間にならないよう制限する
  • 「ナイトシフト」など、色味の調整でブルーライトをカットする
  • 「ブルーライトカット」のメガネをかける
  • 夜間は使用を避ける

など

そのほか依存症などを防ぐためにも、上記のような対策は必要です。

あんさや

ゲームもパソコンも、適度に付き合っていくのが大切ですね!

金銭的負担が大きい

プログラミングの習い事は、教室や授業の方法にもよりますが、金銭的な負担が大きいです。

  • 入会費や月謝(個人指導型の場合、オンラインでも月額10,000円〜のところが多い。)
  • 教材費(使用するロボットや学習のための教材等。値段は数千円〜数万円のものまで様々。)

上記の他にも、パソコンを持っていない場合には購入またはレンタル費用も必要となります。

あんさや

将来役立つ学習ですが、金銭的な負担感は否めません…。

ちなみに我が家の子どもたちの習い事の費用は、以下のようになっています。

子どもたちの習い事の費用(あんさや家の場合)

おねーちゃん
  • ピアノ:月額6,500円(税込)※入会費なし。別途教材費あり。
  • Tech Kids Online Coaching(テックキッズオンラインコーチング):月額12,000円(税抜)※入会費なし。教材費なし。
おとーと
  • 少林寺拳法:月額2,000円※入会費なし。別途スポーツ保険と道着代

テックキッズオンラインコーチングもコスパを重視して選びましたが、他の習い事と比べると、少々高めと言えるでしょう…。

子どもの負担になりうる

学校によるかと思いますが、宿題や自主学習など、学校から家に帰ってきた後も勉強は続きます。

小3・おねーちゃんのタイムスケジュール

  1. 15時から16時頃帰宅
  2. 30分ほどおやつと休憩
  3. 宿題&自主学習1時間
  4. ごはん・入浴
  5. 自由時間1時間ほど
  6. 就寝時間
おねーちゃん

その他にも、ピアノとプログラミングの習い事、自宅練習・学習の時間を入れると、1日があっという間…。

楽しく取り組めると良いですが、子どもの性格と合わなかったり、他にもやりたいことがあったりする場合には、子どもの負担になるかもしれません。

プログラミングの習い事は、オンラインもおすすめ

プログラミングする女の子

プログラミングのデメリット部分で、子どもの負担になりうることを書きましたが、負担の軽減としてオンラインで学べるプログラミングスクールがおすすめです。

  • 教室まで行く必要がないため、行き帰りで時間をとられない
  • 自宅でもパソコンとネット環境があれば、プログラミングについての学習が可能
  • Web会議ツールなどを利用するため、ICTスキルも身につく
あんさや

我が家の小3の娘もオンラインプログラミングスクールの「Tech Kids Online Coaching(テックキッズオンラインコーチング)」で学習していますが、とってもおすすめです!

オンラインで学べるおすすめのプログラミングスクールについて、詳しく知りたい方はこちらの記事を見てみてくださいね。

Tech Kids Online Coaching

プログラミングは子どもの可能性を広げる習い事

スタディのアルファベット

プログラミングは習い事でも独学でも身につけられますが、習い事をすることで効率よく学ぶことができます。

スキルを身につけることができれば、新しいテクノロジーや価値を生み出すことができ、また今後ますます重要となるICT機器やサービス・ツール等を使いこなせるようになります。

子どもの将来に役立つ習い事を探している方に、プログラミングはとってもおすすめです!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる