2021年5月29日〜サイトリニューアル中!

家庭でもプログラミング教育は必要?無料で楽しく学べるツールをご紹介!

プログラミング学習が家でも必要であることを示す内容

2020年の新学習指導要領によって、小学校のプログラミング教育が必修化されました。

そもそも、プログラミング教育ってなんなの?

2020年にはじまったばかりということもあり「正直よくわからない…」という人も多いのではないでしょうか?

そんな方は、まずはこちらの記事を読んでみてくださいね。

小学校のプログラミング教育必修化!背景や目的を、親目線でわかりやすく紹介します

家ではなにか準備をしたほうが良いの?
家庭でもプログラミング教育をしたほうが良いの?
プログラミングなんてやったことないから、どうしていいかわからない!

と、心配になる気持ちもわかります。

そんな方に向けて、本記事では、家庭でのプログラミング教育についてを解説します。

目次

プログラミング教育とは?

パソコンに向かう子ども

まず、ざっくりと小学校で導入されたプログラミング教育について説明すると…

  • プログラミング教育といっても、難しい言語を学ぶわけではない
  • 新たに科目として新設されるわけではなく、普段の授業(国語、算数、理科、社会、英語)で取り入れられる
  • プログラミングの技術で評価されるわけではない

つまり、みなさんがイメージするような「プログラマー」や「エンジニア」がパソコンに英語や数字を打ち込むプログラミングをするわけではないのです。

プログラミング教育の目的は、以下の通りです。

プログラミング教育のねらい
  • 「プログラミング的思考」を育む
  • コンピュータの働きや、情報社会・情報技術について学ぶ
  • 教科の学びを深める

つまり、技術が評価されるわけではないので

おねーちゃん

家でプログラミングの予習しなきゃ!

と慌てる必要もありません。

しかし、現代はAIやICT技術の進化に伴って、便利になるとともに、目まぐるしく動いています。

プログラミング技術の使用されている機器(PCやスマホ、家電全般)を使いこなす技術は必須ということもできますし、また、作り出す人材も足りていません。

IT・ICT技術進化した機器の例

そのため、未来を生きる子どもたちにとって、プログラミングを学ぶことは超重要と言えるのです。

その他にもプログラミング教育のメリットはたくさんあります。

↓の記事でも解説しているので、知りたい方はコチラも読んでみてください。

https://pitagora-kids.com/programmingkyouiku-merit/

プログラミング教育、家庭ではなにができる?

プログラマーの文字のアルファベット

プログラミング教育には、たくさんのメリットがあります。

プログラミング教育のメリット例
  • プログラミング的思考(=論理的思考)が身につく
  • 問題解決能力が身につく
  • 想像力・創造力が育つ
  • 子どもの将来の選択肢を広げられる
  • 自己肯定感が育つ

など。

しかし、ただでさえも教科の学びで忙しく、1クラス数十人を先生一人で見る学校では、一人ひとりに合わせた学びをすることは難しいでしょう…。

あんさや

家庭でできる範囲で、子どもが楽しみながらプログラミング教育できれば良いですよね!

ここからは、家庭でできるプログラミング教育を、ツールなどと一緒にご紹介します。

プログラミングを親が知ろう

まずは「プログラミング」についてを知りましょう。

常に私たちの周りにあるスマホや家電。

そのすべてがAIやプログラミング技術によって、便利に動かすことができているのです。

プログラマーが作るコンピュータの例

「そもそもプログラミングって?」という内容については、こちらの記事で読んでみて下さい。

小学校で必修になったプログラミング教育の「プログラミング」とはなに?親目線で解説します

ざっくりと説明すると、以下の通り。

プログラミング」とは?

コンピュータを動かすための「プログラム」を書くこと・作ること。

そしてその「プログラミング」には、以下のようなルールがあります。

  • 「プログラミング」には正確に内容や手順を入力することが必要
  • 「プログラミング」はあいまいな指示や間違った指示では動かない
あんさや

このように、コンピュータに目的の動作をさせるためのルールを教えるのが「プログラミング」なのです!

プログラミングを子どもと一緒に体験してみる【無料のツールもご紹介】

プログラミングは、実際に見てみないとよくわかりませんよね。

なので、まずはこどもと一緒にやってみましょう!

プログラミングを体験するメリット
  • プログラミングの楽しさや難しさがわかり、子どもがプログラミングで作り出せたときの喜びも分かち合うことができる
  • 作りたいプログラミングのアイデアを出し合うことで、コミュニケーションにもなり、日常の中にプログラミングを取り入れることもできる
  • プログラミングを子どもが身近に感じることができる

このように、子どもと一緒に体験することで、様々なメリットがあります。

パソコンに向かう家族

そしてなによりも「親と一緒に新しいことに取り組んでいる」「一緒に一つのことに楽しめている」ことは、子どもにとって嬉しいことですし、やる気にも繋がります。

あんさや

コミュニケーション代わりに、楽しんでみても良いかもしれませんね。

ここからは、子どもと一緒に楽しめる、無料のプログラミングを学べるツールをご紹介します。

Scratch(スクラッチ)

世界中で、子どものプログラミング教育で使用されている「Scratch(スクラッチ)」。

「ビジュアルプログラミング」で、直感的に操作できる上、タブレット型端末でも利用可能なので、子どもでも楽しく簡単にプログラミングに取り組むことができます。

使い方は簡単で、「◯歩動かす」や「◯と言う」などのブロックを組み合わせます。

すると、スプライトと呼ばれる対象のキャラクターや動物などに好きな動きをさせることができ、ゲームやアニメーションを作ることができるのです。

scratch(スクラッチ)画面の例

ひらがなにも対応しているので、低学年のお子様でも楽しめるようになっていますよ。

あんさや

作ったプログラミングは、世界中に公開できるので、本人のモチベーションにも繋がります!

Scratchのはじめ方(ユーザー登録方法)については、↓の記事で写真付きで詳しく解説しています。

小学3年生の娘が作った作品も見られるようになっているので、気になる方はぜひ!

https://pitagora-kids.com/howtogetstart-scratch/

Viscuit(ビスケット)

viscuit(ビスケット)の画像

スクラッチよりもさらに簡単にプログラミングを学べるのが「Viscuit(ビスケット)」。

パソコン、タブレット、スマホのどのデバイスでも使うことができます。

楽しさのヒミツは

  • いろんな色で、楽しくお絵かきができる
  • 書いた絵とメガネで、楽しくプログラミングの世界を学べる

ことでしょう。

公式ページでテキスト・動画で確認できるので、操作方法にも悩むこともありません。

あんさや

自分の書いた絵が動くなんて、とってもワクワクしますよね。

自分で書いた絵で楽しむことができるので、想像力創造力もばっちり育ちそうですね。

Hour of Code(アワーオブコード)

ストーリー形式のビジュアルプログラミングで学べるのが「Hour of Code(アワーオブコード)」。

なんと、子どもに大人気の「マイクラ」や、「アナと雪の女王」の世界で、プログラミングを学ぶことができるのです!

あんさや

ゲームをクリアするのが好きな子どもは、一番楽しく取り組めそうです!

難易度は、ビジュアルプログラミングのブロック形式から、CSSなどの本格的にプログラミングを学べるものまで様々あります。

プログラミングスクールもたくさんある

上でご紹介したように、まずは一緒に楽しんでみて

  • 「楽しいけど、ちょっと難しい」
  • 「もっとたくさん学びたい!」
  • 「本格的にゲームを作ってみたい!」

という場合には、プログラミングスクールの検討をしても良いかもしれません。

しかし、

  • 近くにプログラミングスクールがなくて通えない…
  • コロナ禍だし、教室に行くのはちょっと…

という状況であれば、PCとネットがあればできる、オンラインのプログラミングスクールがおすすめです。

https://pitagora-kids.com/programmingschool-matome/

zoom(ズーム)やSkype(スカイプ)などのツールを利用するので、ICTスキルを身につくことにも繋がります!

ここでは3つのオンラインプログラミングスクールをご紹介します。(すべて我が家で経験したスクールです)

Tech Kid’s School

Tech Kid’s Schoolは、オンライン学習教材「QUREO(キュレオ)」を使用して学習が進められます。

QUREO(キュレオ)

有名IT企業「サイバーエージェント」が開発した、ゲームをクリアするような感覚でプログラミングを基礎から学ぶことができる学習教材です。

あんさや

我が家は体験授業を受けて、Tech Kid’s Schoolに入会することにしました!(2020年11月の枠から受講予定)

2020年11月23日追記:実際に入会し約1ヶ月がたちます。

無料体験の内容や、1ヶ月継続してみて感じたメリット・デメリットも紹介しているので、参考にしてみてくださいね。→テックキッズオンラインコーチング|無料体験と入会後1ヶ月の感想【メリット・デメリットもご紹介】

自宅にいながら本格的プログラミング学習|Tech Kids Online Coaching

LITALICOワンダーオンライン

リタリコワンダーオンライン

「LITALICOワンダーオンライン」は、一人ひとりに合わせてプログラミングレッスンをしてくれる、オンラインスクールです。

個別に合わせた授業で、子どものやりたいことに合わせて指導してもらうことができます。

あんさや

体験授業を受けさせていただきましたが、とっても丁寧に指導してもらえました!

子ども向けプログラミング・ロボット教室【LITALICOワンダー】

D-SCHOOL

マインクラフト

D-SCHOOLの魅力は、なんといっても『Minecraft』でプログラミングが学べる「マイクラッチ」です!

マインクラフトが学びに変わる!?楽しく学ぶ!【D-SCHOOLオンライン】

実際のマイクラの世界でプログラミングが学べるので、マイクラが好きなお子様におすすめです。

14日間の無料お試しもあるので、興味のある方は一度覗いてみて下さい。

あんさや

我が家は2ヶ月続けましたが「テックキッズオンラインコーチング」1本にしぼりました。

また、マイクラッチについて詳しく紹介した記事を書いています。↓

https://pitagora-kids.com/dschoolonline-meritanddemerit/

自宅にパソコンがあれば、タイピングの練習もおすすめ

スマホなどでとっても便利な時代ですが、ICT活用技スキルの基本となるタイピングの技術ももちろん必要です。

タイピングのメリット

現在はどの仕事にもパソコンは必須の時代になっているので、タイピングスキルは仕事の早さにも直結します。

あんさや

また中学・高校でもプログラミング教育が必修化されることや、なんと大学の入試にもパソコンを使用した試験が検討されているのです。

小学生のうちから、タイピングの練習に取り組むことで、たくさんのメリットがありますよ。→小学生にもタイピングスキルは必要?結論→必要|理由やおすすめ練習用ゲームを紹介

楽しくプログラミングを学ぼう!

ブロックを組み合わせる

プログラミング教育をおうちでやるときには、なんといっても子どもが楽しめるようサポートすることが大切です!

色々触ってみましたが、今回ご紹介したプログラミングが学べるツールは無料ですし、使い方がわからない場合には、YouTubeや書籍で動かし方を学ぶことができます。

プログラミング教育には、様々なメリットがあります。

たくさんのメリットがあるプログラミング教育、ご自宅でも楽しく取り入れてみましょう!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる